VACILANDO

ジャニオタ先生(仮)とかみやまほうつかい Twitter@_gmx7l

ジャニオタと世間のギャップ

ここ2年位髪型を変えておらず、たまには雰囲気変えようと、つい先日、ポニーテールに軽くウエーブをかけたら、親に恋人の存在を疑われました。「もしかしてデート?」と。期待させて申し訳ないがただのイメチェンである。私としても、早く親を安心させてあげたいのは山々だが、こればかりはそうはいかない…どうしようもない娘を許しておくれ。

 

今日はそんな話をしに来たのではなく、先日友人に言われた言葉に違和感を感じたからです。先日、こんな私でも友人と恋愛話をする機会がありました。他愛無いことをああでもない、こうでもないと話していた矢先でした。相当拗らせている私が『私、ちゃんと恋愛できるのかな、なかなか付き合いたいって思えない』とこぼしたら、

 

「でも、みみちゃん(私)、もし街でみみちゃんが好きなジャニーズの人と出会ったら付き合いたいって思うでしょ?」

 

と友人が言うのですね。その時はノリで、『まあね!』なんて言いましたが、世間が見るジャニオタって、好きなアイドル(担当)=結婚したい人

なんだなと実感しました。

 

かみやまくんのことは大好きです。かっこいいと思います。でも、お付き合いしたい、結婚したいとは思わないですね。なんかそういう目で見れないです。

私はあくまでかみやまくんのことを”アイドル”として見ているから、遠くから歌ったり踊ったりしているのを見れたらそれだけで幸せと思っています。

 

担当のことを付き合いたい、結婚したいと思うのは悪くないと思ってます。だってジャニーズの人みんなかっこいいし、みんな頑張り屋さんで素敵な人たちだから。あと、リア恋枠*1と担当は違うってよく言うじゃないですか?担当が必ずしも恋愛対象じゃないよな…とその会話を受けて、ふと感じました。

 

ジャニオタなら一回は言われた(言われる)であろう「いつまでジャニオタやってるの?現実見なよ。そんな男現実にはいないよ?」

これからも何回も言われ続けることでしょう。その度に違和感を感じながらジャニオタ先生(仮)をやっていこうと思います。

 

結局何が言いたいのか分からなくなりました(泣)

*1:ちなみにWESTのリア恋枠は桐濱だと私は思う

ジャニオタ先生(仮)、嘘をつく

先日、小学生の子どもに「先生は誰の曲聴くの〜?」と聞かれ、『先生はあんまり音楽聴かないんだよね〜』と。

なんて大嘘を……(笑)「あんたこの前、ジャニーズWESTの人生は素晴らしいを聴いて号泣してたじゃないか」と、淳太くんのツッコミが聞こえてきたような気がしました(笑)

 

 そもそも私は、自分の話をするのが小さい頃から苦手でした。なんか恥ずかしいって思っちゃうんですよね。

みなさんは学校や職場でジャニオタであることをバラしてますか?(笑)

他の方のブログ読んでると、不慮の事故(笑)でジャニオタがばれちゃったり、オープンな職場や理解ある職場でジャニオタを公言してる方などいらして、ちょっと羨ましいな、なんて思います。

 

今思い出したのですが、子どもたちが逆転裁判のアニメが終わっちゃって寂しいって言ってました。今思えば、「先生は逆転裁判の歌聴いてるよ♡」って言えば良かったのかもしれないですね(笑)みんな、WESTの曲聴いて大きくなってね。

千年先まで

VBB、千穐楽おめでとうございました!!!!!!

 8/5の真夏に始まった舞台も、冬の訪れを感じさせるような風と共に幕を閉じましたね。毎晩、レポをTwitterで検索しては読み、早く観劇したいと日々胸を躍らせていました。ちょうど8月はとても大事な大事なことが控えていたので、雑誌やラジオで稽古頑張ってるという神山くんの言葉を目にする度に、私も負けじと頑張ろう!と神山くんに励まされていました。今となっては、そんな日々も懐かしく思います。

 

神山くんのぶ誌を読んで、この舞台を通して本当に沢山の素晴らしい経験をしてきたのだなということが伝わってきました。早くVBBカンパニーに馴染みたいと、冷蔵庫にお酒をストックし、毎日鍛えていると話していた神山くん、彼はどこまでも真面目な人だなと改めて感じました。でも、冷蔵庫にストックして鍛えるという思考はものすごく可愛いですよね♡(笑)

 

そして7月1日、23歳の神山くんのお誕生日でしたね。23歳の神山くん、どんな1日を過ごすのかなと思いめぐらせていた矢先、TLに素敵なケーキのお写真が流れてきました。

 

 

神山くんのぶ誌でもそのことが書いてありました。ケーキでお祝いしてもらい、いのうえさんと斗真くん、小池栄子さんからプレゼントを頂いて、忘れられないお誕生日になったことでしょう。まだセミも鳴いていない梅雨の頃に稽古が始まり、月が変わった7月のお誕生日がきっかけで、人見知りの神山くんも積極的にしゃべれるようになったと書いてありましたね。新しい環境にすぐ溶け込めるもいれば、ゆっくりと溶け込んでいく人もいる中で、神山くんは後者のなのかもしれません。でも、お誕生日がきっかけで馴染めるようになった神山くん、VBBの皆さんにお祝してもらって本当に嬉しかったんだなと思いました。

 

幕が開いてからは、他のキャストの方のTwitterからも沢山の神山くんの姿がうかがえました。馴染めているんだなって安心して、なんか神山くんのお母さんみたいって笑っちゃいました(笑)

暑い中向かった赤坂、キラキラと輝いていた神山くんの姿は本当に本当にかっこよかったです。神山くんだけでなく、他のキャストの皆さん一人一人が個性豊かで、劇団新感線が大好きになりました。そんな素敵な人たちと一緒に舞台にいる神山くん、本当にすごい舞台に出ているのだなと実感しました。あんなに笑った舞台は人生初めて!ってくらい面白くて、何回観ても千年先まで飽きない最高の舞台でした。

 

長いようであっという間だったこの4ヶ月。次はジャニーズWESTと迎えるドーム、そしてツアー。VBBで培った一回りも二回りも成長した神山智洋を沢山の方に見て頂きたいです。長くなりましたが、神山くん、VBBカンパニーの皆さんお疲れさまでした!

ジャニオタ先生(仮)のマイルール

お題「マイルール」

 

おたくをやってる上で私が心がけてるマイルールってなんだろうということでちょっと振り返ってみました。

 

結論:無理をしない

これに限ると思います。人によって違いはあるかもしれませんが、学生のうちは時間はあるけどお金はない、仕事をするようになるとお金は学生時代よりも安定して入ってはきますが、時間は学生時代のように思うように取れることが少ない…じゃないかなって。社会人になると現場の日程と職場の休日との兼ね合いとか、学生だったらどうやってお金を捻出しようか…こういうスタンス、ジャニと私生活の比率って本当に人それぞれだからどんなスタンスも否定しちゃいけないと思ってます。

ジャニと自分の生活と比べた時、同じくらい大切に出来たら一番いいのでしょうけど、器用なタイプではないので…私は何よりも自分のことを大切にしなきゃと思ってます。やる時はやる、メリハリつけてやろうと決めてます。特に私は日々勉強しなくてはいけないので…人と比べず、自分ができる範囲で応援できるときに沢山応援してあげられたらと思ってます。書いてて訳がわからなくなりました(笑)結局何が言いたいかって無理をしない!です!!他のみなさんのおたくをやる上でのマイルールがとても気になります(笑)

ご挨拶とタイトルについて

こんにちは。最近、自分の日本語力が無いなと痛感したので、噂のはてなブログを作ってみました!先生と呼ばれるお仕事に就くのを目指しながらジャニオタをやっているしがない20代女子です。だから(仮)なのです。いつか(仮)が取れていたら盛大に褒めてやって下さい。

 

ちなみに、ブログのタイトルである”VACILANDO"というのはこの本から参考にさせて頂きました。

books.google.co.jp

 これはスペイン語

”どこかへ行くかよりも、どんな経験をするかということを重視した旅をする。”

という意味だそうです。

 

失敗や様々な経験を通し、いつか本物の先生になれるように日々過ごしていこうという私の願いをこめてこの言葉を選びました。果たして(仮)が取れて、先生と呼ばれる日はやってくるのでしょうか。ひとまずお手柔らかにお願いします。